2010年01月18日

年末年始の感想(その2)

 遅くなっちゃいましたけど、年末から年始にかけて見た、アイドル系の番組の感想をまとめて・・・の、続きです。今回は、「アイドリング!!!日記」「週刊AKB」「ネ申テレビスペシャル」「SKE48学園」「AKB48ニューヨーク公演ドキュメント」の5番組の感想をまとめて書いちゃいます。

 ■「アイドリング!!!日記」

 年末は、2週間続けて放送無し・・・。CS版の「アイドリング!!!」も全く見なかったので、年明け最初の「アイドリング!!!日記」が、自分にとっては久々の放送でした。ということで、1月5日放送分の感想を・・・

 なのですが、録画ミスで、見たのが、1月9日にCSで放送された再放送版です。

 今回のメインは、フジテレビの男性社員にアンケート。アイドリング!!!のメンバーの顔写真を見せて、「この中から、恋人にしたい人を1人選んでください」って企画。それを、スタジオのメンバーが、誰を選んだのか?を当てるクイズ。これって、選ばれた娘は嬉しいだろうな・・・とか思いながら、自分だったら、誰を選ぶだろう?ってちょっと考えながら見てました。おもしろかったのは、2人目の人が選んだ、「絶対に恋人にしたくない娘」。「人の話に割って入ってきそう」「部屋を片づけてなさそう」ってことで、スタジオの升野が、「みなさん、菊地さんの名前を書いてください!」って振って、みんなで「あみみ」とか書いてたけど、自分は、最初「谷澤!」って思ったんですよ。それで、「菊地もそうなのかな・・・?」とか思って見てたら、正解は「谷澤さん!」。・・・ってことで、アイドリング!!!メンバーとの間のギャップの大きさがおもしろかったです。

 続いて、「運勢占い」。こういうの好きなんですよ! 誰が、ワースト1位に選ばれるのか?が、凄い楽しみで、ワクワクしながら見てたら、どうでもいいような順位だけ発表して、あとはCSで見てくださいという展開に・・・。これ、結構見たいからということで、CSをチェックしようと思ったら、すでに放送終了でした。ワースト1位が気になる・・・。ってか、こういうのは、最後までちゃんと放送して欲しいと思った。「日記」は、CS版を見てもらうための宣伝番組なのか?ってちょっと疑問・・・。「この続きは次週で!」とかいうのはいいんだけど、「この続きはCSで!」は、やめて欲しい! ちゃんと同じ番組の中で、最後まで見せてくださいとお願いしておきます。

 せりなちゃんのコーナーは、今回も谷澤扮する「ドグちゃん」。って、「ドグちゃん」を見たことがないから、元ネタがわからないのが残念・・・。谷澤の体系がかなり気になる自分です。

 
 ■「週刊AKB」

 まずは、12月25日放送の回から。

 バスケットボール編の第2回目。今回は、バスケ部が、東京ナンバー1の小学生チームとの試合。スポーツファンとして、凄い素直に楽しめました! こういう企画、大好きです! どんどんやって欲しいですね! メンバー的には、秋元、増田、宮澤と、バスケ経験者の3人が大活躍! 応援の河西も含めて、チームKファンとしては、嬉しい内容でした。逆に言うと、こういうのがおもしろいのが、Kの魅力なんだと思います。今回はバスケだったけど、バレーボールファンとして、是非「AKBバレー部」もやって欲しいと思いました。(だと、メンバーは誰になるんだろ?)

 後半はファンへのクリスマスプレゼント。ってことで、メンバーがファンの元へサプライズでクリスマスプレゼントをするという企画。こういうが好きなんですよ! ファンがビックリして喜んでる姿を見るのが大好きです! アイドル番組の王道な企画だと思いますね。BGMの「クリスマスがいっぱい」も、いい味出してました。で、思ったのが、AKBって、卒業系の曲は多いけど、クリスマスソングってあんまりないですよね。チームKの「クリスマスがいっぱい」が代表曲になるのかな?

 最後に、「遠距離ポスター」と「choose me!」のクリップがちょっと流れたけど、見た感想としては、曲は「遠距離ポスター」の方が好きだけど、クリップは「Choose me!」の方が好きだなって思いました。やっぱ、ロケの方がいいです!


 続いて、1月2日放送の「新春スペシャル版」。

 放送日、時間がいつもと違うってことで、過去の放送を編集した「総集編」的な内容。初めて見るのは、クリスマス企画の第2回目。前回は、小学生の女の子の元にメンバーがプレゼントを持っていったのですが、今回は男子高校生。前回も書いたけど、こういう企画はいいと思います。個人的には、高校生よりも小学生の方が良かったかなと。やっぱり、メンバーが年下を相手にした方がおもしろい!

 あと、ファン投票の形で、「もう1度見たいシーン」を募集したらしいんですけど、その1位が「中間テスト」だったみたいです。自分も、あれが一番おもしろかったと今でも思ってます! 矢神ちゃんの回答がおもしろすぎで、大ヒット企画でしたね! 是非、「期末テスト」もやって欲しい!


 続いて、1月8日放送分。

 AKB総出演のドラマ「マジすか学園」が始まるってことで、「もう1つのマジすか学園」って企画。出演メンバーは、大島、宮澤、倉持、指原、仁藤、多田、渡辺の7人。多田vs渡辺、指原vs仁藤、大島vs宮澤の3つの「抗争」を解決するため、いろんなバトルを展開って内容。個人的には、最後に行われた「ドッジボール」がダントツでおもしろかったです。

 ボールを投げるときに、相手の悪口を言って投げるというルール。優子が倉持に向かって叫んだ「××!」が何だったのか?凄い気になる・・・。(放送禁止用語だったのか、それともあまりに過激すぎたのか、音が消されました) らぶたん(多田)が「△△!」って叫んだのも音が消されたけど、これはその直後に後藤Pが映し出されたので、なんとなく想像できます。あと、かわいそうだったのがさっしー(指原)。もえのちゃん(仁藤)に、思いっきり顔面にぶつけられて・・・、自分の子供の頃の経験だと、顔面に当たっても「セーフ」だったんだけど・・・とか思った。あれは、マジで痛かったと思う。ってか、もえのちゃんが怖い・・・(笑)

 そんな感じで、「マジすか学園」はともかく、スポーツ的なネタは大好きなんで、おもしろかったです。ちなみに、「マジすか学園」そのものは、まだ1回も見てません・・・。


 ■「ネ申テレビスペシャル」

 スペシャル版ということで、オーストラリアに行って、スカイダイビングをしろ!という企画。出演メンバーは、野呂、宮澤、松原、小林、桑原、矢神の6人。チームKの4人と、チームSの2人って組み合わせでした。

 いきなりスカイダイビングをするのではなく、まずは激流下りに始まって、4.8mの岩からの飛び降り、さらには48mのバンジージャンプと練習(?)を行って、最後は4800mからのダイビングというメニュー。これは、本当におもしろかったです! 「ネ申」って、ガチな企画が魅力な番組だけど、今回の苛酷さは、「韓国編」「富士山編」と並ぶくらいの凄さだなって思いました。特に、川の激流下りは、凄かった! (一歩間違えば大事故につながるから、気をつけて欲しいとこだけど)

 最近、AKBの番組でバンジージャンプが続いてますよね。「ネ申」は、最初っから「3分で飛べ!」と時間制限を設けてるのが良かった。なので、3分間、ノー編集ですよ。これだと、スポーツ中継を見てる感じで見れて、おもしろいですね。素直に「頑張れ!」って思えますし。この辺の番組構成上のテクニックは、「ネ申」がダントツで上手いと思いました。

 この番組、本当に好きなんで、また今年も見たいと思います。是非、「シーズン4」を作ってください!


 ■SKE48学園

 今回は、前回に続いて、「円頓寺商店街」で、お手伝いの回。

 今回は、ゆいみん(松下)が大活躍!

 まずは、たいやき屋さんでお手伝い。お手伝いしたメンバーは、松下、中西、平田の3人。


 ゆいみん「ずっと思ってたんですけど、たい焼きって、何の魚なんですか?」

 お店の人「“たい”です!」

 ゆいみん「だから『たい焼き』っていうんだ!」


 そりゃそうだろうな・・・って思った。


 それから、円頓寺商店街をぷらっと散歩するコーナー。おもちゃ屋に行ったゆいみん、中西、森の3人。「二次元好きには高まるね!」とはしゃぎまくるゆいみんと中西。で、怪獣のソフビを見つけて、「これ持ってた!」とゆいみんが手にしたのが、「帰ってきたウルトラマン」に登場したツインテール。「こんなところで再会できるとは思わなかった!」とゆいみんが大喜びしたけど、そんなゆいみんとツインテールは、なんとなく顔が似てるな・・・とか思ってしまった自分。おもしろかったし、ウルトラマン好きとして嬉しかったです!

 今回は、ゆいみんだけじゃなくって、他のメンバーもみんないい味出してて、今まで見た中で、一番おもしろかったです! こんな感じの楽しい番組をこれからも見せて欲しいです! 



 最後に、ファミリー劇場で放送された、AKBのニューヨーク公演のドキュメント番組の感想を。

 最初、ニューヨーク公演の番組ってきいたとき、普通にライブの放送をやるのだとばっかり思っていたら、全然違いました。メイキングとも違って、完全にドキュメント。メンバーが、今回のニューヨーク公演についてどう思ってるのか? また、AKBや自分の将来について、どう考えてるのか?を語るような形式の番組で、結構おもしろかったですね。それから、舞台裏のドタバタを映す場面があったけど、臨場感があっていいと思う反面、見せなくていいとこだと思ったから、どうなんだろう?って思いました。観客の反応が良かったのが嬉しかったですね。それだけに、「大声ダイヤモンド」を英語版で歌ったけど、最後の「好き!」ってところも英語にしちゃったのは、どうかなとも思いました。「好き!」って叫ぶのを楽しみにしてた日本通のファンもいただろうから、なんでもかんでも英語にするのはどうなのかな?と。この辺は、アメリカのファンにも聞いてみたいところです。
posted by ユーフォース at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アイドル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。