2014年03月12日

LinQ劇場初体験!!

 久しぶりの更新です。


 今年に入ってからも、去年に引き続いてアイドルの現場に通う日々が続いてます。

 去年までは、自分の「ホーム」は、「SKE48」だと言い続けてきたんですけど、今年からはそのスタンスは変わりそうで、現時点では「SKE48」の他に、「LinQ」「Cheeky Parade」(通称:チキパ)「palet」の4つが「ホーム」って感じで活動中です。


 この4つのグループの中で、「SKE48」は名古屋のグループですが、「チキパ」「palet」は東京を拠点に活動をしているので、イベントに参戦しやすいのが嬉しいグループ。

 そして対照的に「LinQ」は、九州の福岡が拠点なんで、なかなか現場に行くことができないグループでした。

 それでも、東京へは割とよく来てくれて、去年の10月からは、隔週の木曜日に秋葉原で定期公演も行うようになったので、以前に比べると観れる回数は増えてきたんですけど、やっぱりファンを続けていけば行くほど、「LinQの地元の福岡で観たい!!」「劇場公演が観たい!!」って気持ちが強くなりました。

 特に、2月6日(木)に、初めて秋葉原の公演「この5人で秋葉原で何ができるのか?公演vol.9」に行った時、公演のスタート時に、ステージのバックのスクリーンに、福岡の公演で使われてる、福岡の街の夜景(の中でLinQが踊ってる)の映像が流れるのを見てたら、「福岡に行きたい!!」って気持ちが本当に強くなりました。

 そして、3月9日。日曜日。

 遂に決行しました!!


 福岡行!!



 3月だと、JRの「青春18きっぷ」が使えるってことで、普通に飛行機や新幹線で福岡を往復するのよりも安く行けるっていうのがあったで、時期的にも良かったし、4月6日で卒業しちゃう福原和泉ちゃんは、まだ1回も観たことがないメンバーだったんで、いずみちゃんが出る公演が観てみたいってのもあったし、1回目の公演は桜愛美ちゃんの「生誕祭」ってことで、「素晴らしい」と評判のLinQの「生誕祭公演」が観れるってのもあったしで、何よりも、まなみちゃん自体が、自分的には、2月1日の名古屋、2月6日の秋葉原と、直前にLinQを観た時に、どっちも出演してたってのもあって、まなみちゃんとの相性がいいのかなってのもありました。


 ま、いろいろ書いたけど、3月9日の公演に参戦できるように、仕事は3月8日から11日まで休みにして、準備万端で福岡に行きました!!


 行きは、夜勤明けで、そのまま東海道線に乗って、大阪まで「青春18きっぷ」で行くというルート。

 大阪から、門司までフェリーが出てるので、フェリーに乗って、思いっきり寝てからの九州入り。

 フェリーの港から、小倉駅まで送迎バスが出てるので、そのバスに乗って小倉に入って、小倉からJR鹿児島線の快速電車で博多入り。

 博多から、LinQの劇場のある「天神」までは、地下鉄で3駅なんですけど、歩いてもそんなに遠くないだろうと思って、散歩しながら天神を目指します。

 途中、福岡でのアイドルのイベントでお馴染みな「キャナルシティ」を見学。

 いつか、ここでイベントを観ることになるのかな?とか思いながら、そのまま天神まで歩いて行きました。

 30分かかったかな?って感じで、イメージ的には、名古屋駅から栄にあるSKE48劇場まで行くのと同じくらいの距離かと思ってたんですけど、実際に歩いてみると、名古屋駅からのSKE劇場よりかはかなり近いと思いました。時間に余裕があったら、博多駅から歩いて行くのもありかと思います。


 ■劇場に着いて…

 LinQの劇場があるのは、「ベスト電器」の「福岡本店」。

 この11階にある「天神ベストホール」が、LinQの劇場です!!


 この建物、地下1階から8階までは、普通に「ベスト電器」の売り場。

 売り場の一番上の8階が、CD売り場なんで、なんかLinQの特集コーナーあるかな?って思って行ってみたけど…

 特になかったです…。

 ひいきして欲しかったなぁ…。

 (「LinQ激推し店」で有名な、「タワーレコード津田沼店」みたいなの期待してたんだけどな…。)


 ■エレベーターで劇場に移動だけど…

 そして、「劇場」はさらに上の11階にあるんですけど…

 この日のエスカレーターの稼働は8階までで終了。

 ここから先はエレベーターでないと行けませんという案内が8階にもありましたが、8階から乗るのは何か嫌だったんで、いったん1階まで戻って、1階からエレベーターに乗ることに。

 ちなみに、エレベーターの稼働時間は、1回目の公演の開演時刻の20分前からってことで、この日の場合は11時40分からでした。

 自分は、11時50分頃に、1階のエレベーターの乗り場に行ってみたんですけど、ちょうど一緒に劇場に向かうファンがいっぱいいて、来たエレベーターはLinQファンで埋め尽くされました。

 途中階から乗るつもりの買い物中の普通のお客さん的には、かなり迷惑なんだろうな…って思うので、無理やり乗り込んで満員状態にならないように気を使わないといけないなって思いました。

 あと、このエレベーターは、地下1階からも乗ることができるんですけど、LinQのオフィシャルサイトには、「劇場公演のマナー」として、「エレベーターは1階から乗って下さい」って書いてあるので、LinQを観に来た人は、1階から乗るようにした方がいいと思います。


 ■劇場の入口で…

 遂にたどり着いたLinQの劇場!!

 エレベーターを出た瞬間に、グッズ売り場があって、ここで当日券も売ってます。

 LinQの公演は、公演のある週の月曜日から、「ローソンチケット」で前売り券を売っていて、その前売り券を買うと、入場順を決める抽選に参加できるんですけど…、

 自分は、この初めての劇場公演は、「あえて」当日券で入りました。

 その理由が…


 劇場でチケットを買うと、オリジナルデザインのチケットが貰えるから…。


 やっぱ、最初なんで、記念になるの欲しいじゃないですか。

 ってことで、この日の1回目は「生誕祭」だから、相当前売り券が売れてるんだろうなと予想しながらも、あえて当日券で入場。

 実際に、1回目は、前売りで190番台まで売れてたらしく、後から入場の当日券組は、確実に後方立ち見席確定みたいな感じでした。


 当日券組は、整理番号がないんで、並んだ順の入場。

 ま、どうせ、立ち確定なんで、並んだところで、大した差はないだろうなと思ったけど、一応、並んでみた結果…、

 当日券組はだいたい10人くらい。

 予想通り、後ろの立ち席でした。

 ってか、これ予想以上に人が多かったので、こんなに後ろになるとは思ってなかったから、ちょっとビックリしました。

 劇場後方の扉が開いた状態で、チケットをもぎってもらったところから、すでにステージが見えるっていう光景にビックリしました!!


 ■入場する際に忘れないでやること…

 そうだ、書き忘れないように書いておかないと…

 LinQの劇場の特徴として、「LinQコイン」ってのがあるんです。

 これは、ライブ終了後に、自分の希望するメンバーの物販に参加して、メンバーとお話ができるというコイン。

 普通は1枚500円で買うんですけど、九州と山口県以外から劇場に来たファンには、特別にこのコインを1枚プレゼントしてくれるんです。

 これを貰えるのが、「チケットをもぎる時」なんで、ここで申請しないともったいないことをしちゃいます。

 基本的には、免許証みたいな住所を証明できるものを見せればいいんですけど、郵便物とか航空券とかでも顔写真が入ってる身分証明証を同時に見せればOKらしいです。

 とりあえず、入場する時に、免許証を見せるのを忘れないようにって、初めての遠征組の方は覚えておいて下さい!!


 ■1回目 桜愛美生誕祭「誕生日だけにぶっ飛ばーすでー!!2014」


 1回目は、後方立ち見で観戦。

 番号的に200番近い順番での入場だったので、すでに立ち見が何列もできてる感じで、普段の公演だったら後方扉のさらに後ろのロビーにあたるスペースでの観戦になりました。

 たぶん、立ちの6列目とか7列目とかそんな感じ…。

 でも、始まったら、ちょっと前の方にスペースができたんで、普通にステージが見えて良かったです。


 1回目の公演は、まなみちゃんの「生誕祭」ってことで、とことんまなみちゃんが主役な公演。


 まず、まなみちゃんが特技なギターでの弾き語りからスタート。

 ここで生誕祭企画の白のサイリウム発動。


 その後、全体曲の「for you」を桜愛美センターでやった後、次にやった「Lady」の曲の「Let's feel together」にもまなみちゃんが出てて、「あっ、これは全曲やるんだな!!」って思いました。

 (※まなみちゃんは、「Qty」なんで、ふだんは「Lady」曲には出ません。)


 1回目のセットリストです。

 ■出演メンバー:天野、岸田、杉本、深瀬、舞川、松村、由地、伊藤、坂井、桜、城崎、高木、福山、瑞稀、MYU、桃咲

 (一部出演メンバー:一ノ瀬、大庭、木村、原、吉川、新木(こ)、新木(さ)、北山、志良、福原、姫崎、水野)

 影アナ:松村、志良

  1.feel my soul (YUI) ギター弾き語り

  2.for you
  3.Let's feel together

   MC〜自己紹介〜

  4.オリオンのキセキ
  5.Fighting girl
  6.Chocolate kiss

  7.チャイムが終われば(アコースティックver.)
  8.CHIKU-TAKU
  9.桜を見上げて

 (以下、アンコール)

  10.この場所でずっと。(桜愛美オリジナル曲)ギター弾き語り

  【祝いの時間】

  11.HANABI!!


 まなみちゃんが主役ってことで、ひたすら「まなみん」コール!!

 普段はBメロでオーイングしてる曲も「まなみん」コール!!

 これだけ、同じ子のコールを頑張ったのって、SKEの平田璃香子ちゃんの「卒業公演」以来じゃないかってぐらい、「まなみん」コールを頑張りました。

 「Lady」曲を何曲かやった後、「Qty」曲の「Chocolate kiss」。

 Bメロで皆に告白されるまなみちゃん。

 思わず「選べな〜い!!」って…、かわいかった。


 その後、「チャイムが終われば」のリリースイベントの時に、1回だけ披露したことがあるという、まなみちゃんのギターで歌う「チャイムが終われば」(アコースティックver.)があったり、アンコールでは、まなみちゃんが自分で作った曲をギターで弾き語りをしたりと、とことんまなみちゃんが主役な公演でした。全体曲は、全部まなみちゃんがセンターだったし!!

 セットリストは、まなみちゃんが自分で考えたみたいです。

 まなみちゃんの「生誕祭」への想いを綴ったブログが素晴らしいので、是非、皆さん、読んでみて下さい。

  http://ameblo.jp/manami-sakura/entry-11792784070.html


 ちなみに、アンコールで披露した、オリジナル曲の「この場所でずっと。」の歌詞は、たぶんこれだと思います。
  http://ameblo.jp/manami-sakura/entry-11776289294.html


 生誕祭のセレモニーも素晴らしかった!!


 LinQの劇場の生誕祭って、ファンが直接プレゼントや花束、アルバムを渡したりとか、メンバーからのプレゼントもあったりとか、皆でオリジナルのバースデーソングを歌ったりとか、とにかくファンと一体感のある生誕祭なのがいいですよね!!

 客席にも桜の花が飾ってあったりで、見た目も楽しくって良かったけど、自分的に、一番良かったのが、まなみちゃんのお母さんからの手紙。

 中高一貫の学校に行ってたんだけど、その学校が芸能活動を認めてくれなかったので、LinQのオーディションに受かった時にすごい悩んだ末に学校を変えた話とか、印象に残りました。

 自分は、その選択は間違ってないと、素直に思いました。

 そして、生誕祭を観てて、一番思ったことは、

 桜愛美って子は、本当にみんなに愛されてる子なんだな…って思いました。

 素晴らしい生誕祭だったと思います。

 実行委員の皆さん、本当にお疲れさまでした。


 そんなわけで、初めての劇場公演が、こんな素晴らしい公演で、本当に九州まで来て良かったと思いました。


 ライブ終了後の物販は、せっかく福岡まで来たのだからってもうちょっと観光したいって思ったことと、まあ2回目もあるんだから、そこで行けばいいやって思ったんで、パスして、福岡観光に行きました。


 ということで、2回目の公演のレポートは、次回で…。


 最後に、

 まなみん、誕生日おめでとう!!

 高校卒業もおめでとう!!  
posted by ユーフォース at 10:34| Comment(1) | LinQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レポートお疲れ様
参考になりました
Posted by 名無し at 2014年07月12日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。